東南アジアバックパック鉄道ひとり旅 9日目 マラッカからシンガポールまで陸路国境超えとF1観戦!編

全日程の記事はこちらからご覧いただけます!
東南アジアバックパック鉄道旅 1日目 バンコク編
東南アジアバックパック鉄道旅 2日目 バンコク→寝台列車泊編
東南アジアバックパック鉄道旅 3日目 パダンバサール-ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 4日目 ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 5日目 ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 6日目 ペナン島・クアラルンプール編
東南アジアバックパック鉄道旅 7日目 クアラルンプール編
東南アジアバックパック鉄道旅 8日目 クアラルンプール→マラッカ編
東南アジアバックパック鉄道旅 9日目 マラッカ・シンガポールF1観戦編
東南アジアバックパック鉄道旅 10日目 シンガポール編

タイムテーブル

08:00-09:00 ホテルで準備
09:00-09:30 移動 (Grab ホテル→バスターミナル)
10:00-13:00 移動 (バス マラッカ→国境ジョホールバル)
13:00-13:30 入出国手続き
13:30-14:30 待ちぼうけ
14:30-16:00 移動 (バス ジョホールバル→シンガポール中心部)
16:00-16:30 移動 (Grab バス降り場→ホテル Rucksack Inn)
16:45-17:00 移動 (Grab ホテル→メインエリア)
17:00-17:45 昼食 (麺屋武蔵)
17:30-22:45 F1 シンガポールカップ観戦 (急遽)
22:45-23:30 植物園散策
24:00-24:30 移動 (Grab マリーナベイサンズ→ホテル)
25:00 就寝

旅のメモ

08:00 起床。
今日はついに旅の最終目的地、シンガポールに行く日!
シンガポールまではバスで4時間ほどかかるので、バスも早い時間(10:00)で予約していたので、起きて準備してすぐにホテルを出発。

09:30 バスターミナル着。
マックで朝ごはんを買ったりして10:00に定刻通りバス出発。

マラッカのバスターミナル
マラッカのバスターミナル内部

今日のバスはDELIMA社。
昨日のクアラルンプールからのバスと同じく、中は非常に快適。

デリマ社バス
バス内

13:00 国境の町、ジョホールバルに到着。
道路はシンガポールまでまっすぐ繋がっているのですが、乗客はここでマレーシアの出国手続きとシンガポールの入国手続きのために一度バスを降りないと行けません。バスを降りてイミグレーションの建物内で空港と同じように入出国手続きをして、シンガポール側の出口にあるバス停で同じバスに戻る、という流れ。

マレーシア・シンガポールイミグレーション

中は結構混んでて、30分ほどで手続きが終わってシンガポール側のバス乗り場でバスを待っていたが、全然来ない。しかも一緒に降りた旅行者3名も見当たらない。そういえば入出国手続きの時に彼らは僕より先に進んでいた・・・

・・・・

まさか!!笑

・・・・

そう。バスは私を置いて行ってしまったようだ笑
おい!旅行客自分含めて4人しかいなかったから絶対忘れないでしょドライバー!笑 ガイドもいたのに!!笑
二人揃って何してんねん!!!!!

シンガポール中心部まで後少しというところで取り残されてしまった・・・

タクシーも周りには見当たらない。

・・・・!

そういえば、同じDELIMA社のバス、マラッカから2時間おきくらいに出てたな・・もしかしてここで待ってたら次のバスがきて、事情を話せば乗せてくれるかも・・・

結果これでうまくいった笑 1時間ほど待っていると次のDELIMAがきて、無料でちゃんと乗せてくれました笑 焦った・・・

ちなみに、バス停で待っていると、インドネシアの家族が私の方にきて、

「私のバスはどこに行ったか知らない?」と聞いてきた。

彼らも同じ目にあったようだ笑

・・入出国手続きに時間がかかってしまうと普通に置いていかれるようだ笑 陸路で国境超えをする場合の鬼門と言えそうです笑

取り残されないためのポイントは、なるべく集団の最後にならないよう最初に並んでいち早く手続きを済ませること笑

16:00 1時間遅れでついにシンガポールのメインエリアに到着!!ついたーーーーー
まずはホテルにチェックインをするために、そこからさらにGrabで移動することに。シンガポールでGrabを使ってみると、びっくりするくらい高い!日本のタクシーくらいするぞ・・・物価アジアの中で高いとは聞いていたけど、普通にめっちゃ高い。

本日のお宿はこちら。

・・・最後の宿は・・・バックパッカー宿になりました笑
どうしてこうなったかというと、シンガポールのホテルが高すぎました笑
ちょっとなめてた・・マレーシアの10倍くらいするよ!笑
土曜日だからかもしれないけど、とにかく高い・・
空いていた一番評価が高くて安いお宿がこちらでした笑

中はザ・ホステルで欧米の若者バックパッカーだらけ。そこはちょっと安心だけど、ベッドルームはちょっと湿気があって若干過ごしずらいかも・・

特に何かする予定はなかったけど、ベイエリアを散策してみようと思い、ホテルからGrabで移動。一気に大都会だ・・。とりあえずお昼食べてなくてお腹が好きすぎていたのでショッピングモールの地下のレストランを探す。

・・・!つけ麺・・・!しかも麺屋武蔵・・・!

日本食がだいぶ恋しくなっていたので即決。
うまい・・・・・うますぎる・・・

お腹も満たされたところで、モールの外に出てみると、なにやら人が溢れている。何かと思って見てみるとこんな垂れ幕が・・。

・・・?!F1?!

そう、まさかのまさか、ちょうどF1シンガポールカップが開催されていたのだった。ベイエリアの道路と公園は全てサーキットと観戦エリアになって封鎖されていて、チケットを買って中に入らないと見れないようだった。

F1全く見たことなかったけど、予定もきめてなかったし、こんな滅多な機会もないからと、F1に参加してみることに。何よりみんながお祭り気分で楽しそう。

チケット表をもらって値段を確認。2万・・・!たかっ!!!
今日は決勝じゃないから決勝と比べると安いけど、それでも想像もしていない出費笑

仕方ねえ・・・・!チケット買っちゃいました。

中に入るともうなんか夏フェスみたいな感じで車レースを盛り上げるイベントがたくさんやっていて、すでに楽しい。

こちらはメインステージ。レースの中継や、プロミュージシャンのライブステージが行われています。ってパンフレットの出演予定をみると、日本からSEKAI NO OWARIが・・!!すげーー!F1だけみるつもりで入ったら夏フェスも一緒についてきた。最高か・・。

日も暮れて、人がますます増えてくる。至る所で音楽ライブが行われていてお祭り騒ぎ。

もともと公園エリアなので、音楽を聴きながら芝生に座ってビールを飲めます。

サーキットも間近。シンガポールのビルの摩天楼が背景になったサーキットとても幻想的。F1初めて見たけど車早すぎてものすごい通過音。臨場感半端ない。

写真にとったけど車が全く捉えられない笑

ライブを見たり、レースを見たりを自由に行き来して、夜22:00すぎ、会場を後にする。予期せずこの旅一番の思い出になってしまった笑

シンガポール行くならF1開催に合わせるとすごく良いかもしれない。

会場を後にして、今度は植物園の夜景を見に行くことに。明日の夜は飛行機に乗らないといけないので、夜景を取れるのは今晩が最後。時間も遅いけど、やりきるぞ!植物園まで20分ほど歩いていきます。

ついにマーライオンと対面。プロジェクションマッピングでなんかパワーアップしてた。

ベイエリアの高層ビル街は圧巻。

マリーナベイサンズも見えてきました。

植物園はベイサンズの裏にあります。

おおお・・・!綺麗だ・・・!空中のスカイウォークは時間過ぎてて歩けなかったけど、下から見るだけでも十分綺麗。

時間ごとに色が変わります。美しい・・・

写真を撮りまくって、満足したのでホテルに戻ることに。
マリーナベイサンズの中にあるショッピングモール。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マリーナベイサンズの前のハーバーフロント。すごくいい雰囲気。こんな場所で働けたら幸せだろうなーーいつか!笑

24:00 Grabでホテルまで戻る。湿気たドミトリールームに戻ると、上のベッドの太っちょがありえないボリュームのいびきをかいていて、部屋にいた女の子達も笑いを堪えていた。笑 これはまじで寝れない笑 こんな最終日にドミトリーあるあるいらないから!笑

しばらく寝付けなかったけど笑、流石に長時間動き回った一日だったので眠りに落ちていった・・・

置いてけぼり食らったけど、F1に参加できてめっちゃ楽しい一日だった・・・

明日はいよいよ旅の最終日!

続く

0

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

アバター
Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。