東南アジアバックパック鉄道ひとり旅 7日目 クアラルンプール編

全日程の記事はこちらからご覧いただけます!
東南アジアバックパック鉄道旅 1日目 バンコク編
東南アジアバックパック鉄道旅 2日目 バンコク→寝台列車泊編
東南アジアバックパック鉄道旅 3日目 パダンバサール-ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 4日目 ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 5日目 ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 6日目 ペナン島・クアラルンプール編
東南アジアバックパック鉄道旅 7日目 クアラルンプール編
東南アジアバックパック鉄道旅 8日目 クアラルンプール→マラッカ編
東南アジアバックパック鉄道旅 9日目 マラッカ・シンガポールF1観戦編
東南アジアバックパック鉄道旅 10日目 シンガポール編

タイムテーブル

09:00-11:00 ホテルでゆっくり
11:00-11:30 移動(Pasar Seni → KL Central)
11:56-12:35 移動(KL Central→Batu caves)
12:00-14:05 バトゥ洞窟観光
14:05-14:30 移動(Batu Caves→KL Central)
15:00-17:00 マレーシア国立博物館 見学
17:00-17:30 イスラム博物館 見学
17:30-19:00 一旦ホテルに戻る
19:00-24:00 中華街・セントラルマーケット散策

旅のメモ

旅行7日目。今日はクアラルンプール観光の一日。
郊外に巨大な洞窟(バトゥ・ケイブ)があったのでそれを見にいくのと、海外旅行に来たら最初にいくべき、現地の博物館巡りをすることに。

11:56 KLセントラルからBatu Cave行きの電車に乗ります。
Batu Caveまでは30分ほどで行けてしまいます。ただ、電車の数があまり頻繁になかった記憶があるので、時間はあらかじめ狙って行った方がいいと思います。(結局10:30頃に駅に着いたけど1時間ほど待ちました)

12:30 Batu Cave駅到着。
駅のモニターに帰りの時刻表が出ていますのでこれをチェック。帰りも30分〜1時間に1本程度なので、最初に電車の時間を決めてから観光に行った方がいいです。ちなみに、Batu Caveの観光は1時間半ほどあれば十分かと思います。

駅から少し歩くと見えてきました、入り口。これは圧巻。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

階段で登った先に洞窟があります。登る途中はサルだらけ笑
観光客が絡まれるみたいなことはあまりなさそうでしたが、食べ物とかは狙われるので隠して登る。

洞窟の中の写真はGo Proの方で取っていて今手元にないので割愛します・・。
が、非常に巨大な空間で、圧巻です。
バトゥ・ケイブ自体は、周りに何か観光スポットが集まっているわけではなく洞窟単体なので、さっくり見れてしまいます。クアラルンプールからの距離がそこそこ近いので、行けるなら行ってみた方がベターっという感覚でした。
昼になってしまうと暑くなるし、電車本数も少なく日中の時間を大きく使ってしまうことになるので、オススメは比較的涼しく人も少ない(であろう)、午前中の早い時間に行ってしまうことです。

怪しげなお土産

14:00 KL Centralに戻る。
ここから歩いて10分ほどの場所に博物館系が密集しているのでまずは国立博物館に向かいます。(館内の写真は自粛)

・・・

17:00 博物館から出てきた。
・・・これはもう大満足の博物館でした。何が良いって各展示ジオラマをたくさん使っていて、臨場感があるのに加えて、展示テーマも素晴らしい。マレーシアの歴史がしっかりと理解できます。マレーシアに着いたらまず最初に行くことをオススメします笑

展示の中でも印象的だったのは、マレーシアが多民族国家の特色を持っていることと、その歴史の展示。

貿易や戦争の歴史を経て、ヒンドゥー(インド)、マレー民族、シャム民族(タイ)、セラーニ(アジア+ヨーロッパ)、シーク、中華などの民族が一つの国にまとまってるっていう最後の展示の括り方は素晴らしかったです。

横にいた外国人旅行客もこのエリアで拍手してました笑
いや、それくらい素晴らしいのでぜひ。

喉が渇いたので小休憩。マレーシアではレモンティーが人気なようです。自販機には必ずこれがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3時間も国立博物館にいたので、他の博物館を回る時間がなくなってしまった笑けど、イスラム博物館が閉館まで1時間あったので急いで向かう。
行く途中、広告を見かけど、なるほど多民族であることに配慮しているのか、多様な民族の人が写ってるように見えます。面白い。

18:00 イスラム博物館を1時間ほど見学して博物館ツアー終了。(写真自粛)
この博物館ではコーランや、イスラムの装飾品の展示がメインで、歴史やジオラマ展示といった感じとはまた違います。30分ほどでさらりと見れてしまうと思います。

19:00 ホテル(カプセル)に一度戻って、休憩した後中華街に晩御飯を食べに行くことに。冠記という地球の歩き方にも載っていたお粥屋さんに行くことに。

めっちゃうまい!

人がいないタイミングでとった写真ですが、もっと人で溢れてます。

中華街。欧米観光客も結構いて、観光地感もあります。人はローカルと観光人がたくさんいてとても賑やかです。

中華街から5分ほど歩くとセントラルマーケットがあります。
ここは、お土産ベストスポット。お土産屋がびっしり入ってます。

こんな感じ。Little Indiaエリアなど、これまた多民族国家マレーシアならではの民族エリアでお土産やさんが別れていたりして面白い。

アンティーク調のマグネットとか売ってたお店。ここで冷蔵庫にはるマグネット(マレーシア関係ない)をいくつか買ったら陽気なおっちゃんがギターで一曲プレゼントしてくれた笑 いい国だな〜

お土産も買ったところでもう一度中華街に戻る。

アジアな雰囲気に包まれていて歩いているだけで楽しい。お一人バックパッカーもたくさんいて、露店で本を読んでたりする雰囲気も素敵。

最後は締めくくりにもういっぱいさっきの冠記で夜食を食べてクアラルンプール観光終了。

明日からはまたシンガポールに向かって南下してきます!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

続く

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。