東南アジアバックパック鉄道ひとり旅 2日目 バンコク→寝台列車で国境越え!編

全日程の記事はこちらからご覧いただけます!
東南アジアバックパック鉄道旅 1日目 バンコク編
東南アジアバックパック鉄道旅 2日目 バンコク→寝台列車泊編
東南アジアバックパック鉄道旅 3日目 パダンバサール-ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 4日目 ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 5日目 ペナン島編
東南アジアバックパック鉄道旅 6日目 ペナン島・クアラルンプール編
東南アジアバックパック鉄道旅 7日目 クアラルンプール編
東南アジアバックパック鉄道旅 8日目 クアラルンプール→マラッカ編
東南アジアバックパック鉄道旅 9日目 マラッカ・シンガポールF1観戦編
東南アジアバックパック鉄道旅 10日目 シンガポール編

タイムテーブル

2018/09/08
09:00-12:00 ホテルで勉強
12:00-12:30 移動 ホテル→カオサン通り (Grab)
12:30-14:00 昼ごはん@カオサン通り
14:00-14:15 移動 カオサン通り→フワランポーン駅 (Grab)
15:10-24:00 移動 バンコク→パダンバサール(タイ国鉄 寝台列車)

旅のメモ

旅行2日目の午前中はホテルでゆっくりと過ごす。快適なホテルや〜

12:00
チェックアウトして、カオサン通りに向かう。昔の記憶だと、昼間のカオサン通りは、バックパッカーや旅行者が安宿に併設しているカフェでのんびりとお酒を飲みながら本を読んだりして自分の時間を過ごしていた記憶があって、なんかすごく好きな雰囲気だったから、電車が出発するまでここでゆっくりすることに。

ここは学生時代に泊まった安宿、GREEN HOUSEのカフェ。ご飯もうまいし安いし雰囲気も良いしで文句なし・・最高や〜・・・

14:30 駅に到着。
鉄道出発まで少し時間があったので駅構内を散歩。

な・・なんやこれ・・・

不気味なおみくじがあった。

おみくじ?

な・・なんやこれ・・・

Tシャツの自販機があった。誰向け?

Tシャツ販売機

電車は3番ホームからでるみたいなのでホームに向かう。

ホームに行くと電車が到着していた。
車両数がとても多い。うおーーーワクワクする・・!

先頭から見た列車。風情たっぷり。

15:10
定刻通りに出発!17時間の旅の始まり!
鉄道はそこまで混んでおらず、私が乗った車両もコンパートメント1つを一人で使えた。こんな感じ。良い・・良いぞ・・!

車両はいくつかのクラスに別れていて、私のクラスは値段的にも多分一番良い?もので、エアコン付き、ベッド付き(この座席が変身する)で本当に快適だった。後ろの方の車両に行くと、通常タイプの座席でエアコンがない(窓が空いていて風が入ってくるので涼しい)車両があって、現地の人が多く乗っていた。
寝台列車旅をするなら断然このコンパートメントのクラスを選んだ方が良い。

あと、車内販売は基本的にないので、あらかじめ買い込んだ方が良いです。
(駅につくたびに売り子が入ってきて怪しげな食べ物やバナナを売ってくれたりするが、ちょっと衛生的に怖いので・・笑)

こちらは車内の洗面所。車両はちょと古いけど、必要な設備は整っている。
充電器は個別のコンパートメントにはないので注意。携帯充電器を持っていった方が安心。

のんびりと本を読んだりしりて過ごしていると、夕方、スタッフがやってきて一斉にベッドメイク開始。ものすごく手際よいです。

そして5分もしないうちにベッドが完成。シーツも綺麗だし、幅も広さも十分で文句なし。ベッドは2階建てになるけど、上の方が若干狭いので、チケットを買うときは座席タイプ”Under”で買うのがオススメ。

車内
ベッド

カーテンで完全に仕切られていて個室状態。

そして夕日。無限に平野が続いていて景色も開放的。
東南アジアで良い鉄道旅ができる路線No.1にノミネート。

夜までのんびり本を読みながら過ごして一日終了。
明日はいよいよマレーシア入り!

最後までご覧いただきありがとうございました!

続く

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。