アイスランド1周旅行記 1日目 レイキャビク編

こんにちは。今回はアイスランド旅行記編です!
社会人2年目の冬休みを利用して、会社の同僚と2人でアイスランド・デンマーク9日間の旅をしてきました!

今回の旅の目的はレンタカーでアイスランド1周しながらオーロラハンティング!海外初レンタカーでしかも舞台は凍りついた大地、アイスランド!難しい旅行だったからこそ今回もまた忘れらない旅行になりました!!

アイスランドでのドライブ事情やオーロラ事情も含めて情報をお伝えできればと思いますので、どうぞおつきあいのほどよろしくお願いいたします!それでは早速スタート!!

旅の全工程

今回の旅行の全工程はこちらからご覧いただけます^^
アイスランド1周旅行記 1日目 レイキャビク到着編
アイスランド1周旅行記 2日目 シンクヴェトリル国立公園絶景ドライブ編
アイスランド1周旅行記 3日目 ヴィークからミーヴァトン湖まで絶景800kmドライブ編
アイスランド1周旅行記 4日目 絶景ミーヴァトン露天温泉とオーロラハンティング編
アイスランド1周旅行記 5日目 アークレイリ~レイキャビク 絶景ドライブ編
アイスランド1周旅行記 6日目 出国日を間違えたことに空港で気付く編
アイスランド1周旅行記 7日目 レイキャビクからデンマークへ コペンハーゲンの夜編
アイスランド1周旅行記 8日目 デンマーク ロスキレ-カールスバーグ工場見学-ニューハウン満喫編

タイムテーブル

2016年3月4日

12:30-16:05 (時差-7時間) フライト (成田空港→コペンハーゲン国際空港) スカンジナビア航空
20:10-22:20 (時差-2時間) フライト (コペンハーゲン国際空港→レイキャビク国際空港) スカンジナビア航空
23:00-23:45 移動 (ケフラヴィーク国際空港→レイキャビク市内)
24:00 ホテル到着、就寝

本日のお宿

ホテル フロン

評価:★★★☆☆

https://www.booking.com/hotel/is/fron.en.html?aid=1779059&no_rooms=1&group_adults=1

街の中心部にあるホテルで、アクセス抜群です。部屋も広く、朝食も美味しかったです。深夜に到着して次の日の観光に備えるにはベストロケーションでした!

旅のメモ

今日は移動日!スカンジナビア航空を利用して、デンマーク経由でレイキャビクへ向かいます。

アイスランドの首都レイキャビクは日本からの直行便はないため、欧州の都市で乗り継いで行く必要があります。

主要なルートはノルウェーのオスロ経由、またはデンマークのコペンハーゲン経由かと思います。

今回の旅行では最終日、経由地でも1日、2日観光を楽しみたいと思っていたので、見所がより多そうなデンマーク経由を選択しました。

機内の様子をいくつか。

機内食

現地時間16:05 コペンハーゲン国際空港到着。

乗継フライトまで時間があったので空港内を探検。

お、セブンイレブン発見!

そして回転寿司屋発見!!しかも大人気!なんかやけに日本文化が浸透しているぞ・・
早速乾杯。

海外の日本食は高いと言いますが、ここもかな〜りお高いです。記憶が曖昧ですがこの1皿で1000円ほど。。そして一皿にかな〜り寿司がのせられています。そんなまとめんでもいいから1皿をもうちょっと安くして笑

日本では流れないものまで流れてきます。ボトル三連発。

20:10 乗継便搭乗開始!

機内爆睡。

22:30 レイキャビク ケフラビーク空港到着!

ここから市内まではシャトルバスを利用して移動します。

移動はFlybusを利用します。こちらから事前に予約できます。

24:00 レイキャビク市内到着。もう深夜だから人はほとんどいないだろう・・と思ったら、金曜日夜だからか、意外に人通りがあります。みんな飲んでる感じ。

ホテルのエレベーター。携帯みたいになっとる笑 ★ってなんやねん・・色々ツッコまされてる間に到着。

部屋に到着!・・・広い!

ここで、しばらく翌日からのドライブの計画を立てて1日終了。

いよいよ明日からが本番!!ドライブ楽しみ!!

続く

本日も最後までご覧いただきありがとうございました^^

0

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

アバター
Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。