アイスランド1周旅行記 5日目 アークレイリ〜レイキャビク絶景ドライブ編

旅の全工程

今回の旅行の全工程はこちらからご覧いただけます^^
アイスランド1周旅行記 1日目 レイキャビク到着編
アイスランド1周旅行記 2日目 シンクヴェトリル国立公園絶景ドライブ編
アイスランド1周旅行記 3日目 ヴィークからミーヴァトン湖まで絶景800kmドライブ編
アイスランド1周旅行記 4日目 絶景ミーヴァトン露天温泉とオーロラハンティング編
アイスランド1周旅行記 5日目 アークレイリ~レイキャビク 絶景ドライブ編
アイスランド1周旅行記 6日目 出国日を間違えたことに空港で気付く編
アイスランド1周旅行記 7日目 レイキャビクからデンマークへ コペンハーゲンの夜編
アイスランド1周旅行記 8日目 デンマーク ロスキレ-カールスバーグ工場見学-ニューハウン満喫編

本日のタイムスケジュール

10:00 起床・朝食
10:00-11:30 ホテルでゆっくり
11:30 チェックアウト
11:30-12:45 アークレイリの町散策
12:45-18:00 ドライブ (アークレイリ→レイキャビク ブルーラグーン)
18:00-20:30 ブルーラグーン
20:30-21:00 ドライブ (ブルーラグーン→レイキャビク)・車返却
21:00-23:00 夕食@町中
24:00 ホテルチェックイン・就寝

旅のメモ

アイスランド一周旅行記、5日目の朝@アークレイリがやってきました!

本日のドライブルートはこちら!アークレイリから500km弱を運転してレイキャビクに戻ります。そして、レイキャビクの郊外にある温泉、ブルーラグーンにも立ち寄る予定です。

本日のルート

ホテルの部屋から見えるアークレイリの町の広場。今日も雲の晴れ間が見えています。

天気が良かったので昨日スーパーで買った朝食をつい外で食べてみたり笑

朝食笑

11:30 チェックアウト。北欧の家は内装が素敵。

ホテルフロント

アークレイリの町を散策。アークレイリは、実はアートの町で、町の建物の壁にはこんな絵が書かれていたり、街の建物や内装の色使いもとてもおしゃれです。

アークレイリの壁画
アークレイリの街並み

歩いてすぐのところに港もあります。景色がめちゃくちゃ綺麗。空気も澄み切っています。

アークレイリの港
アークレイリの住宅街

12:45 アークレイリの町を出発。町をでた途端この風景。絶景!!

アークレイリ

こんな景色がレイキャビクまで延々と続きます。

途中で

レイキャビクが近づいてくると、雪も少し減り、空も綺麗に晴れてきました。きれーーーやーー!

レイキャビクに続く道

18:00 ブルーラグーン到着!写真で見ると大自然の中の大温泉って感じでしたが、めちゃくちゃ立派な施設があり、すっかりテーマパーク化していました笑 人もたくさん。

チケットを購入していよいよラグーンに入ります!!

ブルーラグーン館内

どん!!!!・・・・広大っ!!

ブルーラグーン

ラグーン内にはバーカウンターがあり、ここで天然の泥パックができます。

泥パックカウンター

20:00 前になると日が暮れてラグーンも幻想的に。

ブルーラグーン

気持ちよかった〜アイスランド1周の締めくくりに温泉は最高です・・

個人的な感想ですが、ブルーラグーンの方はかなり商業施設化されているので、より人が少なく、自然に近い状態の露天温泉を楽しみたいなら、ミーヴァトンネイチャーバスの方がおすすめかもしれません。もちろんこちらもこちらで最高です。

21:00 レイキャビクに戻り晩御飯!近くのお店は結構閉まっていて、なぜかインド料理に笑

いや〜それにしても4日間のアイスランド1周の旅、ついに終わった〜〜一生分の絶景をみた気がする・・最高の旅に乾杯でござる!

晩御飯
インドカレー

夕食を食べてホテルに向かう途中、おしゃれな散髪屋を発見!

バーバリー

おしゃれすぎ笑 遊び心があっていいな〜

バーバリー

24:00 ホテルにチェックイン!そして就寝!笑

ホテル

明日はいよいよアイスランドを出国して、デンマークに向かいます!(ハプニングあり)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

続く

0

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

アバター
Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。