フィリピン旅行記 1日目 マニラのナイトライフ編

2019年のゴールデンウィーク10連休は、フィリピンに行ってきましたので、その記録を残しておこうと思います!
なぜ今回フィリピンにしたかというと、他の国の航空券が高かったからです!笑(積極的な理由じゃなくてすみません笑)
が、これまた大変素晴らしい国でしたので、記事から感じ取っていただけると嬉しいです!

旅の全行程はこちらからご覧いただけます!

フィリピン旅行記 1日目 マニラのナイトライフ編
フィリピン旅行記 2日目 マニラ-セブ島編
フィリピン旅行記 3日目 セブ-ボラカイ島編
フィリピン旅行記 4日目 ボラカイ島編
フィリピン旅行記 5日目 ボラカイ島編
フィリピン旅行記 6日目 ボラカイ島編
フィリピン旅行記 7日目 ボラカイ島編

タイムテーブル

2019/04/26(金)

09:45-11:30 飛行機 移動 成田→大阪 (JETSTAR)
13:00-15:30 飛行機 移動 大阪→マニラ(JETSTAR)
15:30-17:00 ホテルへ移動
18:00-25:00 マニラ市内で友人と飲む

旅のメモ

今年のGWは10連休ということもあって直行便の値段が半端なく高かったので、LCCチケットの組み合わせでもっとも安く行ける方法を探したところ、大阪経由で行くことに。それでも、通常時よりはかなり高く、往復一人10万円ほどしました・・・。

ジェットスターはターミナル3から出発するので、朝7:00には空港ターミナル2に到着。前日仕事の飲み会からの5時起きは辛すぎる・・ターミナル2からシャトルバスで5分程。(バスは少し道路に出て回り道をするので、歩いても10分ほど)

無事に空港につけたところで、フィリピン旅行スタート!

15:30 マニラ到着!!
マニラは今日から明日の夕方までのほぼ丸一日の滞在予定。今日はホテルにチェックイン後、夜は街に出てマニラに単身赴任している中高大時代の友人と会う予定だ。Arrivalゲートを出たところで両替を済ませてホテルへ向かう。

*両替ですが、セブやボラカイなどのリゾート地のレートはマニラと比べて全然悪いです。空港よりは街中の方がさらにレートが良いかもしれませんが、空港でもリゾート地と比べてかなり良かったです。マニラで両替することをオススメします。

ニノイ・アキノ国際空港ターミナル1出口

ホテルは空港からすぐ近くのマリオットを予約。空港から無料のシャトルバスが出ていてそれに乗ったのだが、東南アジアあるあるの道路大渋滞に巻き込まれて結局1時間弱ほどかかった。

チェックインを済ませて準備をして、いざ友人との待ち合わせ場所へ向かう。
マニラで一番のビジネス街、マカティのI’m Hotelのフロントで待ち合わせ。
大渋滞のためかGrabが見つからず、ホテルでタクシーを手配してもらった。空港近くからは車で20分ほどの場所だが、またしても大渋滞に巻き込まれ1時間ほどかかってようやく到着。500ペソほどであった。(Grabでの相場も400ペソほどだったと思うので、まあいいか)

ホテルで、友人とその友人と合流し、近くのローカルで賑わう野外フードマーケットへ。このマーケットは食べ物もお酒も安く、またステージではライブ演奏もしていて、地元民で賑わう大変雰囲気の良い場所だった。

I’m Hotelから徒歩2分ほどの場所にあったフードマーケット

しばらくつもる話をして楽しみ、お酒も入ったところで次の場所に行こうということに。彼らのお気に入りのローカルスポットを案内してくれるという。こういうの、楽しい!現地で友達を作ると旅の幅もグッと広がる。

メイン通りから少し路地を入っていく。薄暗くて一人で来ていたら絶対に躊躇したような場所笑 途中、卵を売っている屋台があって、友人がこれを食べてみて!と言う。何かと聞いたら、孵化する直前の卵らしい・・・・。うわ・・・こういうの一番苦手で食べれない・・・と思ったが場の流れもあり挑戦してみることに。卵の殻を割ると、ほとんどひなの形のした卵黄が・・・。まだ毛は生えていないけど、見て何かわかる程度にはもうひなの形をしていた・・・こんなのよく食べれるなと思いながら友人に習っていただいてみる・・・
うん、食べれる・・・・けど少し苦味があって、生き物を食べているという感覚がある・・ちょっともう二度と食べないと思うけど、良い経験になりました、ありがとう。

卵を売る屋台

さらに道を進んでいくと、バー街が出現。暗い路地の中、突如として現れたバー街。小さなバーが軒を連ねていて、音楽が通りを賑やかにしている。ローカルな若者ばかりかと思えば、以外に欧米の旅行者?もそれなりにいた。

バー街
路地はこんな感じ
バー街を通過してさらに奥へ

バー街を通過してさらに薄暗い道を進むと、そのオススメのバーは出てきた。
クラフトビールが楽しめる内装もとてもおしゃれなお店。
フィリピン人の友人曰く、ここは本当にお気に入りの場所だから、観光地化させたくないという。なので、お店の名前は書かないけれど、中はこんな感じ。

ローカルが集うクラフトビールバー

その場にはフィリピン人の友人の友人がおり、紹介してもらって仲良くなった。
またしばらく楽しく飲んで話した後、次に行こうということになり、店を後にする。ここは友人がオススメする通り、すごくよかった!

マカティの高層ビル群を通り抜けてまた歩いて数分のところに今度は最近オープンしたばかりと言うナイトクラブが。ナイトクラブといっても屋内式ではなく、1戸建の古民家を吹き抜けに改装しただけの場所にDJブースを配置すると言うとてもシンプルなもの。このホームパーティ感、良い!オープンしたてということもあるのか、中は人で埋め尽くされていた。

マカティエリアの高層ビル群
古民家ナイトクラブ
ナイトクラブの中

欧米人もちらほら見かけたが、ローカルの若者が多かったように思う。

しばらく友人たちと飲んで踊って、みんな酒が回ったところでお開き笑 深夜1:00頃、その場でGrabを拾ってホテルに戻る。

マニラは事前の治安情報などをみて街に出るのが非常に不安で、最初はホテルで過ごすことも考えていたが、友人のおかげで、とても充実した初日を過ごせた。
ありがとう!!

初日は無事終了。続く。

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。