【2020年度最新】ビジネスパーソンが今すぐ始められるプチ副業一覧【実際にやってみた】

こんにちは。今日は働きながらコツコツと始められる副業をご紹介しようと思います。

昨今日本でも副業解禁が進んでいますが、何をやっていこうか迷っている、いますぐ何かがしたいわけではないけれど、とりあえずコツコツと収入源を増やしていきたい、そういう方に読んでいただけると嬉しいです。

それでは早速いきましょう!

0、副業の選び方

はじめに、副業をご紹介する前に、今回ご紹介する基準について書いておこうと思います。

ずばり、以下の観点で選んでおります。

今回ご紹介する副業の選んだ観点
  • 将来的に自分の専門性・スキルを高めることに役立つ
  • その上で、(可能であれば)労働時間に比例しない収入が得られる」

やはり、どうせやるのであればその瞬間その瞬間の自分の時間を単純に消費して対価を得るものではなく、副業自体が将来の自分の幅を広げるものを選分びたいと私は思います。

ですので、例えば「アンケートのモニター」や「懸賞サイト」といった副業もあるにはありますが、個人的には、上記観点の両方とも満たすことがないので、自分であれば選択しません。

以上の前提を元に、早速ご紹介していきたいと思います!

1、撮った写真が売れる!?ストックフォトサービス

こちらは既に認知度も高い副業だと思いますが、あなたが旅行や普段の生活撮った写真は、企業や個人に需要があります!

企業やブロガーの方などが広告や記事でテーマにあった写真が必要なときに買われているようです。プロに頼んで個別に買うと非常に高額になるものが、ストックフォトサービスを通して買うことで使う側は安く、また提供する側は自分が撮った写真にお金が発生する、というまさにWin-Winなサービスなのです!

ストックフォトサービスにはすでに国内、海外で様々なサービスがありますが、実際に使ってみた感想や比較は以下のページにまとめていますので、ご覧ください!

実際にやってみて
  • 身に付けられること:流行りのテーマを察知する能力、写真の撮影スキル
  • 短期的な収益:★★☆☆☆(数百円〜/月)
  • 中長期的な収益:★★★★☆(数万円〜/月くらい?)
  • かかる労力:★★★★☆

サービスにもよりますが写真1枚が売れると、数十円〜最大数千円にもなるので、平均100円として年間1000枚売れると年間10万円の収入です。1000枚売るということは月にすると100枚弱売る必要があり、これを短期的に実現するのはかなり難しいのですが、一度アップロードした写真はずっと売られ続けるためアップロード枚数をコツコツ増やせば将来的には大きなフロー収入に成長するかもしれません!

上の別記事にも書いているのですが、現状写真を登録していく作業で手動タグ付けやタイトル付けが必要で、少々根気がいるのかなと思います。

2、質問して収入が得られる!?Q & Aサービス「Quora」

https://jp.quora.com/

次にご紹介するのはQuoraというQ&Aサービスです。こちら、世界版Yahoo知恵袋、のようなイメージで、誰かが質問して、別の人がその質問に回答する、というシンプルなサービスなのですが、非常にユニークで面白いのは、以下の点です。

  • 回答の質が非常に高い
  • 質問者も回答者も実名
  • 質問をすることで収入が得られる

質問で収入が得られるって、面白い仕組みですよね!源泉は広告収入だと思われます。(日本版にはまだ広告は出ていないのですが、海外版ではすでに広告が導入されているようです)

収入を置いておいても質問と回答が秀逸なものが多く、読んでるだけでも面白いので、非常におすすめです。

収益に関して、”すぐに!”と言いましたが、実は質問をして収入を得られるようになるためには”パートナープログラム”への登録が必要で、このプログラムはQuoraからの招待によってのみ登録できます。

私もある日突然招待がきて驚いたのですが、どうやら何度か質問をしてから一定の期間が立つと招待されるようです。(私の場合は3ヶ月ほどだったと思います)

さて、こちらも実際にやってみました。

実際にやってみて
  • 身に付けられること:質問力、回答を通していろいろな知識が得られる
  • 短期的な収益:★★☆☆☆(数百円〜/月)
  • 中長期的な収益:★★☆☆☆(数百円〜/月)
  • かかる労力:★☆☆☆☆

まず、収入については、閲覧数に応じて決まる仕組みとなっており、1つの質問で平均して数円〜数十円/1日ほど得られます。このため、人気の質問で会った場合は、1つの質問で月間数千円ほど得ることは可能な範囲だと思われます。(平均すると1質問につき月数十〜百円程度)

また、中長期的な収益性も短期と変わらない理由は、収益が発生する期間が質問してから1年間に限定されているためです。

ただし、思いついた質問を投稿するだけなので、労力は少なく、通勤などの小さな空き時間に簡単にできる副業としてはアリかなと思います。何より、やはりこのサービスに集まる質問と回答の質が非常に高いため、勉強しながらお小遣いを得られる、といった感覚かなと思います。

3、自分の得意が売れる!?「ココナラ」

https://coconala.com/

こちらは、自分の専門性をサービスとして提供することができる、本格的な副業の部類になるかと思います。

ここでは自分の得意なことに値段をつけて売り買いすることができます。
例えば、写真撮影が得意な人は「写真撮影」サービスを販売したり、イラスト作成が得意な人は「イラスト作成」をサービスにして販売することができます。

登録後、すぐにサービスの出品ができるため、簡単に始めることができます。

私もここで写真撮影やホームページ作成、Python自動化コード作成などをサービスにしております。

ちなみにこちらでは、サービス提供管理時に手数料として25%(結構高い・・)がココナラに支払われるのですが、価格は需要と供給が一致するように自由に設定可能です。写真撮影の例だと、1回数千〜2万円程度、ホームページ作成などの技術系サービスは一回数万円〜十数万円程度と高額で売買されています。

それでは、実際にやってみた感覚はどうだったのでしょうか。

実際にやってみて
  • 身に付けられること:自分の得意なスキルをさらに伸ばすことができる
  • 短期的な収益:★★★★☆(数万円〜/月)
  • 中長期的な収益:★★★★☆(数万円〜/月)
  • かかる労力:★★★★☆

写真撮影やコード作成では、月に1〜2回の依頼を受けると数万円程度の収入になりますので、1月の1週末の時間を使って得られる収入としては高額な部類になると思いました。

1点、デメリットを挙げるとしますと、スケールしづらいという点でしょうか。サービスの形態にもよると思いますが、自分が都度対応するサービスですと、時間は有限ですので中長期的にも大幅な収入の増加はなかなか難しいのかなと思います。

実績を重ねて人気になり、単価を挙げる or そもそも単価の高いカテゴリのサービスを提供する、が収益Upのポイントになりそうです。

しかし、私はこのサービスがとても好きです。何より自分の得意なことを、実践を通してさらにスキルアップできるところが魅力です。

4、自分の情報発信が収入になる!?ブログ

私も最近このブログをちゃんとはじめたばかりなのですが、ブログは本業のスキルも磨きながら続けられる良い副業だと思います。
お金を稼げるようになるには数年単位の時間を見る必要がありそうですが、本業のアウトプットの場としても使えますし、それが将来の転職時などにそのまま見える資産として説明力にもなったりしますので、続けておいて損はないと思います。

収益ですが、ブログを初めて半年で、数千円、といったところでしょうか。
いずれこのあたりのノウハウ記事も書けるようになれたらなぁ・・。

5、企業に投資して収入を得る!?株式投資・投資信託

最後は、投資です。これを副業と呼ぶのかは分かりませんが、株や投資信託で直接的に資産を増やすのです。
デイトレは流石に追いきれない(ですし、本業にも支障が出ます笑)ですが、マクロの経済トレンドの波に乗って景気が悪い時に買って、景気が良い時に売る、この基本的なルールで安定した収益を得ることが可能です。

短期的にはこれが一番大きく収益が出ます。

ので、他の副業で得た収入の大半を投資に回し、投資で増やした資産で次のスキルアップに投資して副業の底上げを行う。の繰り返しで副業を成長させていければ理想ですね!

以上は私も実際に取り組んでいるところですが、まだ半年程度なので、いずれ成果がしっかりと出てきたら個別に記事を書いて行こうと思います。

それでは、本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

0

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

アバター
Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。