【絵で1分で理解する】いまさらだけどWebhookってなんだっけ?

こんばんは。今日は、Webhookという技術を復習したので、学んだことをまとめておきたいと思います。

それではまいります。

Webhookとは?

こんなもんだと理解しました。意外にも簡単な絵をあまりみつけられなかったので、理解の整理のためにお絵かきしてみました・・(間違っていたらごめんなさい)

  • イベント(コードがリポジトリにプッシュされたとき、など)をトリガー(=フック)にして、ユーザが定義した関数を実行するしくみ
  • すなわちユーザ定義のHTTPコールバック、といえる(コールバックの意味はこちら
  • このユーザ定義の関数はURLの形で提供される。イベントが発生すると、WebhookはこのURLに対してPOSTリクエストを送る
  • POSTリクエストの応答には一般的にJSONフォーマットが用いられる
  • 2007年に登場した技術
  • 関数、およびWebhookのしくみは、GithubやTeamsなど、サービスプロバイダ側で提供されていることが多い。
  • 例えば、Githubにコードがプッシュされたら、Teamsに通知したい!となったら、Githubが提供するWebhookに、Teamsが提供する通知関数を設定しておくイメージ。

参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/Webhook

https://qiita.com/soarflat/items/ed970f6dc59b2ab76169

余談

Google Trendをみてみると、意外にも検索トレンドは現在進行形で上昇中。昔からある技術だけど、業務効率化の流れやWebhookに対応したサービスが多く登場してきたことで、遅れて波がきてるのかな・・・?単なる推測ですが。Commonな技術でもたまには改めてTrendをみてみるのも面白いですね。

以上、短いですが、Webhook技術を改めて調べてみたまとめでした。

参考になりましたら幸いです。

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Yuu113
初めまして。ゆうたろうと申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。 日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。