【ReactNative開発】配列(Array)の特定の位置に要素を追加する

こんばんは。この記事では、配列(Array)の特定の位置に要素を追加する方法についてまとめておきます。React Native固有というよりは、JavaScriptの機能で実現できます。

コードの実装

このStack Overflowの記事で解決しました!(このSO、ものすごいいいねの数・・・)

https://stackoverflow.com/questions/586182/how-to-insert-an-item-into-an-array-at-a-specific-index-javascript

# 要素の2番目にdataを追加する場合

arr = ["A","B","C","D","E"];
data = "F"

# 以下で指定している要素番号1は0から数えて2番目 = 2番目の要素と捉えている
arr.splice(1,0,data)

console.log(arr)

## 結果(Fが要素の2番目に追加される)
["A","F","B","C","D","E"];

spliceなるメソッドがあるのですね、初めて知りました。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/splice

splice() メソッドは、その場で既存の要素を取り除いたり、置き換えたり、新しい要素を追加したりすることで、配列の内容を変更します。

構文は以下。

splice(start)

splice(start, deleteCount)

splice(start, deleteCount, item1)

splice(start, deleteCount, item1, item2, itemN)

以上、配列の特定の位置に要素を追加する方法でした。

おしまい

[番外編] ReactNativeをもっと学ぶなら・・・

React Nativeをもっとちゃんと学びたい!という方は、こちらにおすすめコンテンツをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います・・!

土台のJavaScript/TypeScriptに不安がある方は、こちらもまとめましたので、ご参考になりましたら幸いです。

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。 日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。