【Microsoft Azure】Storage SDK for JavaScript のAPIでBlobを削除する(Node.js)

こんばんは。この記事では、Microsoft AzureのBlob Storageに格納したBlobを、azure storage sdk for javascriptのAPIを使って削除する方法を整理しておきます。

それでは早速参ります。

前提

  • Node.js (12 LTS)

事前準備

SDKをインストールしておきます。

https://www.npmjs.com/package/@azure/storage-blob

実装

Blobを削除するには、以下のコードを実装します。

const {BlobServiceClient} = require("@azure/storage-blob");

const blobServiceClient = BlobServiceClient.fromConnectionString("ストレージの接続文字列");
const containerClient = blobServiceClient.getContainerClient(containerName);
const blockBlobClient = containerClient.getBlockBlobClient(blobName);
const blobDeleteResponse = blockBlobClient.delete();

また、以下も参考になるかと思います。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/blobs/storage-quickstart-blobs-nodejs

本当はBlobのURLから直接削除したかったのですが、ちょこちょこ調べた感じ記事が見つからなかったので、コンテナ名、Blob名を抽出する作り込みが必要っぽそう。(隈なく調べたわけではないので、もしかしたらあるかも)

なお、コンテナに作成したディレクトリ以下のコンテンツを削除するには、BlobNameに含めて”ディレクトリ名/ファイル名”と指定すればOKです。

以上、Storage SDK for JavaScript のAPIでBlobを削除する方法でした。少しでもお役に立ちましたら、下のいいねボタンをポチっていただけますと励みになります。

短いけれど、今日はこれでおしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。