【AWS】Amazon LightsailのBitnami WordPressでPhpMyAdminにアクセスする方法

こんにちは。今日は、AWS Lightsail上で動くBitnami WordPressイメージで、phpmyadminを使えるようにする方法について整理しておこうと思います。

既によくまとまったサイトがいくつかあったので、それらを参考にしてうまく行った方法についてまとめておきます。

それではまいります。

変更前

最初に、規定の状態でphpMyAdminにアクセスしようとするとどうなるか確認しておきます。

phpMyAdminにアクセスするには、以下の通りhttpで、ドメイン名orIPアドレスの後ろにphpmyadminを指定します。

http://ドメイン名 or IPアドレス/phpmyadmin

が、規定の状態ではブラウザに以下の警告が出てページが表示できないことでしょう。

For security reasons, this URL is only accessible using localhost (127.0.0.1) as the hostname.

これは、現状phpMyAdminへのアクセスはローカルホストからしか許可されていないためと見受けられます。

対応方法1:Basic認証でアクセスできるようにする

これは、こちらのブログなどで紹介されていました。

https://qiita.com/tomokei5634/items/ca6a7043fe88cdfed1ba

これでphpMyAdmin自体へのログインもできるようになるわけではなく、あくまでphpMyAdminのページへ到達できるようになる、という方法です。

1)まず、/opt/bitnami/apps/phpmyadmin/conf/httpd-app.conf ファイルの以下部分のコメントを外し、AuthUserFileを以下の通り変更します。

# 変更前
# AuthType Basic
# AuthName phpMyAdmin
# AuthUserFile "/opt/bitnami/apache2/users"
# Require valid-user
# 変更後
AuthType Basic
AuthName phpMyAdmin
AuthUserFile "/opt/bitnami/apps/phpmyadmin/conf/.htpasswd"
Require valid-user

2)その後、Basic認証用のユーザ名/パスワードの組み合わせを.htpasswdファイルに設定します。

Qiitaの記事にもありましたが、パスワードは暗号化してファイルに登録するため、以下で暗号化後の値を確認します。

https://www.luft.co.jp/cgi/htpasswd.php

cd /opt/bitnami/apps/phpmyadmin/conf/
echo "ユーザ名:暗号化後のパスワード" > .htpasswd

3)最後にApacheの再起動を行います。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

再起動が完了したら、再びhttp://ドメイン名orIP/phpmyadminにアクセスします。すると、Basic認証のポップアップが表示されますので、先程のユーザ名とパスワードへアクセスすればphpMyAdminへ接続できるはずです。

方法2:localhost以外のアクセスも許可する

工事中。

phpMyAdminにログインする方法

phpMyAdminのトップ画面が表示されたら、ユーザ名とパスワードを入力する必要があります。

このユーザ名は、規定でroot、パスワードはAWS LightsailのインスタンスにSSHして以下コマンドを叩くとわかります。

cat bitnami_application_password

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。