【3分で終わる!】MacでJava実行環境構築

こんばんは。この記事ではMacでJavaの実行環境を構築する手順を備忘的に残しておこうと思います。

ステップ1:GithubからHomebrewをインストール

JRE(Javaランタイム)やJavaを一から手動でインストールするのではなく、便利なパッケージ管理システムに任せてしまった方が楽です。MacではHomebrewというパッケージ管理ソフトがあるため、これを利用していきます。

公式ページにインストールコマンドが表示されているので、これをMacのターミナルにコピペします。

Homebrewのトップ画面
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

実行すると1分ほどでインストールが完了します。インストール完了後、以下コマンドでHomebrewがReadyになっていることを確認できればこの手順は完了です。

brew doctor

ステップ2:Homebrew経由でJavaをインストール

以下コマンドを打つだけ。

brew cask install java
実行結果

インストール完了後は、以下のコマンドでJavaが正常にインストールされていることを確認すればこのステップは完了です!

jave -version
実行結果

以上でJavaのインストールは完了です!

0

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

アバター
Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。