Anacondaで環境構成をYAMLファイルにエクスポートする方法

こんにちは。今回はAnacondaの小ネタです。

今日は、ローカルの分析環境をAzure Machine Learningに移植するためにこの方法について調べたので、自分への備忘も含めて残しておきます。

*Azure Machine Learningでは、このYAMLファイルから環境を作成できる機能があります。

エクスポート方法

Anaconda Promptから以下のコマンドを実行すればOKです。

env export -n ★環境名★ > ★任意の名前★.yml

出力されるYAMLファイルはこんな感じです。

エクスポートしたYAMLファイルの中身サンプル

(参考)インポート方法

ちなみに、このYAMLファイルを使って環境を復元するコマンドはこちら。

conda create -n ★環境名★ -f ★ファイル名★.yml

超短かったですが、参考になりましたら幸いです。

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Yuu113
初めまして。ゆうたろうと申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。 日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。