Teamsで組織のユーザに対して特定アプリが事前インストール・ピン留めされるようにする

こんにちは、この記事ではTeamsに関するちょっとしたTipsについてまとめておきたいと思います。

それではまいります。

実現したいこと

組織のユーザがTeamsを開いたときに、規定で特定のアプリがインストールされていて、またピン留め表示されているようにしたいです。

下の例だと、①「Testbot」というアプリがインストールされていて、かつ②左側のアプリ一覧にこのアプリが表示されている状態を目指します。

実現方法

これは

アプリを規定でインストールさせる

公式Docはこちらが対応しているようです。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/teams-app-setup-policies#install-apps

上の例では、新しいポリシーを作成していましたが、今回は簡単のため、既存のGlobalポリシーに対して設定してみています。

M365ポータル > 管理センター > Teams > Setup Policiesで「Global」を選択します。

この中で「Installed Apps」に、規定でインストールさせたいアプリを含める。

既定で特定アプリがピン留めされるようにする

こちらも、同じ画面の「Pinned apps」メニューから設定可能です。

「Add apps」で、さきほどのアプリを追加してみます。

After。

最後に、これらの設定の反映時間ですが、数時間ほどかかる場合がある、ということです。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/teams-app-setup-policies#how-long-does-it-take-for-policy-changes-to-take-effect

自分の手元でも試してみましたが、即座で反映はされませんでした。(15分ほどでもだめ、そこであきらめて翌日に見たら反映されていました)

再サインインやTeamsキャッシュの削除も試してみましたが駄目でしたので、おとなしく待つしかないのかもしれません。。

以上、Teamsアプリを事前インストール・ピン留めする方法の解説でした!最後にこの記事が少しでもお役に立ちましたら、下のいいねボタンをポチっていただけますと励みになります!

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Yuu113
初めまして。ゆうたろうと申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。 日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。