【Teamsアプリ開発】App StudioとDeveloper Portalの違い【何が変わったの?】

こんばんは。ここ1週間ほど、Teamsのアプリ開発を行っております。Teamsアプリ開発なぞ全くしたこともなく新境地なので躓きまくりなのですが、忘れたころに同じ轍を踏まぬよう知ったことを記事にまとめておきたいと思います。

今日は、App StudioとDeveloper Portalの違いについて整理しておきます。(ただ、まだ新しそうなツールなので知らぬ間にどんどん変わるんだろうなぁ・・メンテがんばります笑)

それではまいります!

App Studioとは?

Teams App Studioを使うことで、Teamsに公開するアプリのパッケージングを簡単に行うことができます。Teamsアプリを構成する上では、独自のManifestファイルやアプリアイコン、アプリ説明など、アプリケーションコード以外にもさまざまなメタ情報が必要になってきます。

App Studioを使うと、これらのファイルを、UI上で必要情報をポチポチしていくだけで作成できて、簡単にパッケージを作ることができます。

公式Docはこちら。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/platform/concepts/build-and-test/app-studio-overview

登場当時のニュース記事は見つけられなかったのですが、上のDocのHistoryを追いかけると、2019年11月が初版だったので、そのあたりに公開された機能と思われます。

Developer Portalとは?

公式DocによるDeveloper Portalの説明は以下です。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/platform/concepts/build-and-test/teams-developer-portal

開発者ポータルは、Teamsアプリを構成、配布、および管理するための主要なMicrosoft Teamsです。 開発者ポータルを使用すると、アプリの同僚と共同作業を行い、ランタイム環境をセットアップできます。

Docより

また、App Studioの公式Docページに、以下の注釈があることから、Developer Portalの方が後に登場して、こちらに統合しようとしている気配が伺えます。

こちらをみると、2021年のMicrosoft BuildでGA(一般公開)されたツールであり、確かにApp Studioよりも新しいことが分かります。

App StudioとDeveloper Portalの違い

というわけで、上の登場の歴史を見るだけでも、今後Teamsアプリ開発を始めるのであればDeveloper Portalを使う、で問題ない気はしますが、一応違いについて確認しておきます。

まず、サマリとしては以下のようになりそうです。(調べ漏れていたらすみません)

観点App StudioDeveloper Portal
提供形式TeamsアプリTeamsアプリ、Webサイト
アプリパッケージ作成
Bot Management
Scene Studio×?
Adaptive Cards EditorCard Editorはある
Identity Platform Management×?
Teams Store App Validation
チャット
Developer Portalは提供形式以外は、Teamsアプリ版の機能に基づく

以下にそれぞれの概観をまとめます。

提供形式

App Studio

App Studioは、それ自体Teams上のアプリとして提供されています。ので、Teamsを開いて、「アプリ」>「App Studio」からインストールできます。

Developer Portal

Developer Portalは、ブラウザ上またはTeams上で利用できます。ざっと見比べてみた感じ、できることはだいたい同じそう。ただ、Teamsアプリ版はApp Studioが統合されていたり、QAチャット機能がありますが、ブラウザの方にはそれらはないです。

ブラウザ版:

https://dev.teams.microsoft.com

Teams上:

アプリパッケージ作成

こちらは、UIこそ微妙に異なるものの、できることはだいたい同じように見えました。アプリパッケージを作成することができます。

App Studio

以下はアプリの編集画面。

Developer Portal

以下はアプリ編集画面

Bot Management

こちらもDevelopr Portalの機能はApp Studioの機能を踏襲しているようでした。

App Studio

Developer Portal

対象のボットをクリックすると、App Studioと同じようにエンドポイント情報やコマンド、シークレットを編集できます。

Scene Studio

これはDeveloper Portalにしかなさそうに見えます。2022年3月5日現在プレビューではありますが。Teams会議のTogetherモード時の背景画像をカスタマイズできる機能らしい。

こんなことできるんだ笑

Developer Portal

Adaptive Card Editor

App Studio

こちらはCard Editorという名前でしたが、みてみると、Adaptive Card以外のCard定義も作れるようですね・・!(ということはDeveloper PortalではむしろHeroやThumbnailはできない・・?)

Developer Portal

Identity Platform Management

なんかモチベーションはまだよくわかっていませんが、これはDeveloer Portalだけにある機能のようですね。

Developer Portal

App Store Validation

こちらも機能としては同じように見えますね。

App Studio

Developer Portal

チャット

これは、ツールに関するQAに応えてくれるチャットボット機能のようですね。App StudioでもDeveloper Portalでも同じエクスペリエンスのようです。

App Studio / Developer Portal共通

以上、App StudioとDeveloper Portalの違いについてのまとめでした。

実際に使い込んで細かい差を見つければまた随時アップデートしていきたいと思います。

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Yuu113
初めまして。ゆうたろうと申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。 日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。