【2021年度最新版】Apple Developer Program登録申請の流れ

こんにちは。今日は、Apple Developer登録の流れについて整理しておこうと思います。

Apple Developer Programとは?

Apple Developer Program公式トップページ

Apple Developer Programは、Appleが提供する開発者向けのサービスで、iOSアプリをApp Storeに公開するためには、参加が必須となっています。

https://developer.apple.com/jp/programs/

Apple Developer Programに参加すると、以下のことができるようになります。詳細については上記リンクをご確認ください。

  • 最新OSのベータ版の取得
  • アプリのテスト(TestFlightへのリリース)
  • 世界中へのアプリリリース
  • 詳細なアナリティクス
  • デベロッパーサポート

そして、一番重要な点としては、このプログラムは有料のサブスクリプション、ということです。お値段なんと年間99ドル・・・!(2021年9月現在12,800円)

た・・・高い・・・

法人ならまだしも、法人化もしていない個人が払い続けるには少々お高く感じますね・・でも、これに参加しないとiOSアプリのリリースができないので、仕方あるまい、私も参加の手続きを進めることになりました。

それでは続けて登録の流れを見ていきます。

Apple Developer Program 登録の流れ

登録方法についての公式ページの説明は以下にあります。

https://developer.apple.com/jp/support/enrollment/

が、非常に簡単です。登録は、Apple Developerというアプリを使ってスマホからできます。まずはアプリをインストールします。

アプリのアカウントタブで、Developer Programの”いますぐ登録”に進みます。

すると、登録者自身の住所情報などの入力が求められます。その次に、法人種類の選択になります。将来的には法人での登録をしたいと思いつつ、まだ法人も持っていないので、一旦個人で登録しておきます。

これだけ入力して終わりです。最後に、サブスクリプション費用(年間99ドル)の確認画面が出てくるので、問題がなければ進んでおしまいです。

登録の申請が終わってアカウントタブを見ると、”登録保留中”となっています。即座、というわけではないんですね・・。というわけで結果が来るまで少し待ってみようと思います。

Update:

9/21(9/16に申請したので、5日後)に、アプリを開くと登録済になっておりました!というわけで、申請は1週間程度の余裕をもって実施しておく必要がありそうです。

以上、Apple Developer Programに登録申請する流れについて解説いたしました。

ご参考になりましたら幸いです。

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。