【Azureアーキテクチャを学ぶ】Webアプリを複数リージョンに展開して可用性を高める

こんばんは。最近、Azureのアーキテクチャセンターの記事をちょこちょと読みつまんでクラウドアーキテクチャについて勉強をしています。

今日は、Azure App Serviceの可用性を高めるプラクティスについて学びたいと思います。

本日の教材

可用性の高い複数リージョンの Web アプリケーション:

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/reference-architectures/app-service-web-app/multi-region

前提:Azure App Serviceの可用性

Azure App Serviceは、Webアプリケーションを稼働させるためのプラットフォーム(OS~ミドル)をAzureが提供する、AzureのPaaSサービスです。

話の前提として、このAzure App Serviceを例にとり、その可用性について復習しておきましょう。

Microsoft Azureでは、サービス毎に可用性の宣言が公開されていますが、App Serviceでは、2021/06/20現在、99.95%の可用性が約束されています。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/legal/sla/app-service/v1_4/

そして、こんなところに早見表がありますが、99.95%ということは、週間5分、月間21分、年間4.4時間のダウンタイムが発生しうることになります。

https://qiita.com/Aida1971/items/9ea3d3bcf29c906c7971

ミッションクリティカルでないアプリであれば、許容できるかもしれませんが、クリティカルなアプリでは、このダウンタイムでも許容できないでしょう。

こういった場合にとりうる対策を、アーキテクチャセンターの記事を元に整理しておきたいと思います。

アーキテクチャ

アーキテクチャセンター記事より

このアーキテクチャのポイントは以下。

  • App Serviceはじめ、関連リソースをそれぞれ複数リージョンにデプロイし、プライマリリージョン/セカンダリリージョンを作る
  • ペアにするリージョンは、Azureが定めるペアリージョンをベースに決定すると良い(参考
  • Azureのペアリージョンには、同じ”地域”(リージョンの一つ上の概念)内の複数のリージョンが選ばれる。プラットフォームの更新が行われる場合や、複数リージョンに障害が発生した場合に、片方が優先して復旧されるようにAzure側で考慮される(例えば、日本”地域”の場合は東日本リージョンと西日本リージョンがペア)
  • リクエストの振り分けのため、リージョン間の振り分けが可能なAzure Front Doorを配置する
  • Front Doorが単一障害点となる可能性は残るが、Front DoorのSLAは99.99%とApp Serviceよりも高いため、App Service単体で運用するよりは高い可用性が実現できる
  • Azure Front Doorでは、振り分け優先順位の機能によりActive/Active (Hot Standby/Cold Standby), Active/Passiveのトポロジを実現するためのルーティング構成が可能。(参考
  • SQL Databsase/CosmosDBなどのデータベースは、それぞれが持つレプリケーション機能を利用することで複数リージョンデプロイを実現する
  • 管理の効率性のため、リージョン毎にリソースグループを分けると良い。

確かに、日本で提供するサービスでは、Front Door + ペアリージョンデプロイ(東日本・西日本)は、鉄板かもしれないですね。App Serviceのネットワーク機能でも、Froot Doorとの統合機能が提供されていますが、こういう構成を想定して用意されたものなのでしょうね・・!勉強になりました!

今日も最後までご覧いただきありがとうございました!

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。