【Microsoft Azure】リソースの所属するVNetサブネットを変更する【1分でできる】

今回は、Azureで、VMなどのリソースが所属するサブネットを同じ仮想ネットワーク内の別のサブネットに移動させたい場合の方法について整理しておきます。

変更前の状況

はじめに、変更前の状況を確認しておきます。

今回は、仮想ネットワーク「AzureVNET_EJ_013」のサブネット「default」に所属するリソース(VM)を、「GithubServerSubnet」に移動させます。

サブネット構成

サブネット「default」のプライベートIPアドレスレンジは「10.0.0.0/24」で、以下をみると、移動対象のリソースはそのレンジ内のプライベートIPアドレス「10.0.0.9」を持っています。

そして、もう少しよくみると、TypeがVMそのものではなくネットワークインターフェースになっています。そうなんです、Azureの仮想ネットワークに直接接続されるのは、VMではなくVMにアタッチされているネットワークインターフェースなのです。

これを、プライベートIPアドレスレンジが「10.0.6.0/24」のサブネットに移動させます。

所属するサブネットを変更する

方法は簡単!ネットワークインターフェースの「IP Configuration」ブレードからサブネットを選択し直すだけ!これが仮想ネットワークをまたぐリソースの移動であれば、リソースの再作成が必要だったりと厄介なのですが、同じ仮想ネットワーク内であればこれだけで済みます。

*なぜ、日本語設定なのにドイツ語みたいな表示が紛れ込んでるのかはいったん目をつむる・・・

サブネットを変更すると何やらワーニングが。なんて書いてるか読めない・・笑

保存すると、サブネットが変わり、プライベートIPアドレスも変わったことが確認できました!

以上、同一仮想ネットワーク内でリソースの所属サブネットを変更する方法の解説でした!

おしまい

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

ABOUT US

Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。