大手SIerのエンジニアとして働いて良かったこと/良くなかったこと

こんにちは。最近は、閑話休題的に気分に任せていろいろなジャンルの記事を書いていますが、今日はキャリアについてです。

私は、新卒で日本の大手独立系SIerにアプリケーションのエンジニアとして入社しました。そして、6年ちょっと勤めた後、グローバルのテクノロジー企業に転職しました。

その経験も踏まえつつ、本日は私が思うSIerで働いて良かったこと/よくなかったことについて書いてみます。

思いつきでいったんざざっと書き並べてみましたが、今後時間があるときにもう少し文章推敲します、、

SIerのエンジニアとして働いて良かったと思うこと

システムの上流設計に携わることができる

これぞ、日本のSIerの醍醐味なのかなと思います。SIerの業務の中心はシステム開発における上流工程(要件定義、概要・基本設計)になります。顧客のビジネス要件を解決するために、どのようなシステム・機能を作るべきかの検討を行う機会が多く、顧客ビジネス目線が養われました。

お客様と直接会話できる機会が多い

上記と関連しますが、お客様と直接会う機会が多いので、ユーザであるお客様と対話しながらシステム設計を進められたことで、これまたお客様のビジネスの目線にたったシステム設計能力が養われました。

いろいろな業界のいろいろなお客様の案件に携われる

SIerは、さまざまな業種のさまざまなお客様のシステム開発を請負います。なので、業界横断でのシステム開発の動向などの知見を得るには良い環境だと思います。

大規模なシステムの開発・運用に携わることができる

SIerでは、様々なお客様の大規模なミッションクリティカルなシステムの開発・運用に携わることができます。

そのようなシステムは、大人数で開発を行っていることが多く、かつ高い品質が求められます。

このような機会を通して、以下、得られたと思います。

  • 「高い品質」を担保するための設計・開発・テストのノウハウを得られる
  • 多くの開発メンバーを束ねてゴールを達成するためのプロジェクトマネジメント能力が得られる

SIerのエンジニアとして働いてよくなかったと思うこと

既存システムの拡張が多く、アーキテクトを1から設計する機会が少ない

これは、所属する部署や案件によってピンキリだということは言添えておきますが、大きなSIerでは、就活で華々しく宣伝されているような新規のシステム構築は思ったほど多くありません。多くは、過去に構築した巨大なシステムの維持・保守開発に割り当てられます。そのような環境の場合は、アーキテクトの設計や技術選定を自ら行うことがなく、既存のシステムの思想に沿っていかに新機能を載せるか、という観点での設計を行うことが多いため、例えば、将来ベンチャー企業などにうつって、自ら新しいシステムの全体像を設計を行える力がついているかと言われれば、少し不安に思うことが多かったです。

自分で手を動かして開発することはほとんどない

一部のR&D部隊などをのぞいて、多くの場合はSIerの組織は成熟していて、自分たちで開発することはありません。これを良しとするか/悪しとするかは、個人の目指すところによる話だと思いますが、私の場合は、自分で手を動かしながら技術を身体で覚えて語れる人間になりたいと思っていたので、物足りない感覚がありました。

上司の世代だったりすると、まだ組織が成熟していない頃、自らが手を動かして開発していた人も多いため、技術も語れてビジネスも語れる人が多いと感じましたが、我々の世代などは、既に成熟したシステムの開発を、いきなり上位設計&開発のマネージメントという役割からスタートするため、システムの思想や、技術を自分のものとして語れるようになることが難しい環境だと感じました。

新技術のキャッチアップが早くない

SIerでは(に限らずですが)、あくまで顧客のビジネス課題の解決が目的です。そのため、新しい技術を使うことは目的ではなく、レガシーの既存システムの保守・機能拡張などがしばしば優先されます。

そのため、新しい技術を使って新しい業務を生み出す・既存の業務のあり方を根本から変える、といったアグレッシブな提案がなかなかスピード感を持って行えない、といったことを感じました。

もちろん、会社全体としては、すぐにR&Dが始まったりして積極的に取り組んでいるようには見えるのですが、実案件で使おうという話にはスピード感が欠けるのかなという印象です。

こういう人はSIerに向いている

さて、ここまでの話を踏まえると、私は以下のような人はSIerに向いているのかなと感じます。

  • 技術を極めたい!よりビジネスを極めたい!(技術はそのツールの1つ)
  • スペシャリスト志向よりはゼネラリスト志向
  • 自分で手を動かしたい人より、いかに組織・チームで大きな仕事を動かすかを考えたい人

例えば、将来的には上記のような大きなビジネスを大きなチームで動かしたいと考えていて、ただ直近はその土台になるような技術・業務の専門性を身に付けたい!と考えるような人であれば、最初の会社としては選ばない方が良いのかもしれません。例えば、技術力であればソフトウェアエンジニアや、ビジネスであれば事業会社の業務部門などで経験を積んで、自分の言葉で技術・ビジネスを語れるようになった上で、SIerに転職すると、より大きなチームで、多くの顧客の支援ができて、とても楽しめる環境なのかなと感じました。それぞれのスペシャリストになるには、事業会社の方が向いていると思います。

SIerへの就職・転職を考えられている方の参考に、少しでもなれば幸いです!

おしまい

+1

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

アバター
Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。