【新婚旅行にも】ニューカレドニア旅行を10倍楽しくする!Tips 7選+番外編

こんにちは!
先日ニューカレドニアに旅行してきましたので、反省点など含めて、事前に知っておけばよかった事、やってよかったことなどをまとめてみようと思います。これから旅行に行かれる方に、少しでも参考になりましたら幸いです!

また、ここも知りたい、というポイントがありましたらぜひコメントいただけますと嬉しいです。記事を随時Updateさせていただきます!

個別の旅行記は別途こちらにまとめていますので、こちらもご参考にしていただけますと幸いです。

旅の全工程と旅行記

1日目:深夜のヌメア到着編
2日目:ヌメア→リビエルブルー州立公園→ブーライユ 絶景ドライブ編
3日目:ブーライユ 絶景ハイキング編
4日目:ブーライユ→ヌメア→イル・デパン 長距離移動編
5日目:イル・デパンのル・メリディアンに泊まる編
6日目:イル・デパンの絶景天然プール編
7日目:メトル島の水上コテージに泊まる編
8日目:ヌメア観光編
番外編:ニューカレドニア旅行をもっと楽しく快適にするために

Tips1:空港からヌメアへの移動には、乗合シャトルバスを事前予約すべし

Arc En Ciel

ヌメアの空港と市内は実は40kmほども離れていて、電車はなく車で1時間ほどかけて移動する必要があります。エアカランなどの直行便は深夜着の場合もありますので、到着後スムーズに移動できるよう、事前に移動手段を確保しておくことをお勧めします!

実際に行ってみて

・私が深夜到着した際は、タクシーはおらず、事前に手配したホテルのシャトルか、Arc En Cielなどの乗合シャトルバスを利用するかのどちらかでした。

乗合シャトルバスは深夜でも空港のすぐ外にチケットカウンターがオープンしているのでその場でも予約できますが、事前予約した方が値段が安いです。

また、ホテルのシャトルは乗合シャトルと比較すると格段に高いので(ニューカレドニアではトランスファーはだいたいどこのホテルも有料です)、値段を抑えたい方はお勧めはしません。

移動方法の比較検討はこちらにまとめています!

Tips2:海外定額データ通信対象外の国なので注意!

これ、めちゃくちゃ盲点だったのですが、ニューカレドニアでは、携帯各社が提供している海外定額データ通信サービスの対象外のようです。

つまり、この国で海外ローミングをすると、非常に高額な通信料がかかってしまいます。ので、これを避けるためには、現地SIMカードをレンタルするか、施設の無料Wifiを利用するしかないです。

ホテル滞在メインの旅行であれば、後者でやり過ごせる(とはいえ、メトル島のホテルなどは、無料で使える通信容量に制限をかけており、動画などを見ようものなら課金必須な状態でしたので、ホテルのWifi事情のチェックが必須です)と思いますが、移動メインの旅行であれば、SIMカードをレンタルしておく方が良いでしょう。

Tips3:レンタカーで大自然に繰り出すべし

マジェンタ空港にあるレンタカー屋

ニューカレドニアの国土は意外に大きく、ヌメアを飛び出して大自然を自由に満喫するにはぜひレンタカーを利用したいところです!

もちろんツアーもありますが、値段の面でも時間の面でもレンタカーが圧倒的に格安です。レンタカーを経験してみたからこそ言えますが、ニューカレドニアのドライブは本当に絶景まみれで最高です!!!!

私たちはレンタカーで2泊3日でリビエルブルー国立公園、ブーライユまで足を伸ばしてきましたが、レンタカーのおかげで本当に素晴らしい旅行になりました!

ニューカレドニアのドライブマップ

車を借りたからこそできたことを少しご紹介。

リビエルブルー国立公園までの道中、自然の中にあるCasinoスーパーに立ち寄って食材買い出し

Casinoスーパー

絶景の中で途中下車

リビエルブルー国立公園の入り口
リビエルブルー国立公園内

ブーライユの絶景ロードを駆け抜ける

ブーライユの車道から見える景色

車でしか行けない中心部から離れた人のいないビーチへ

ブーライユ近郊のビーチ

ブーライユの丘でサンセットハイキング

ブーライユの丘

まだまだご紹介したい風景は無限にありますが、とにかくレンタカーを使うことで旅の幅はグッと広がります。私は強くオススメします!!

予約はRentalCars.comがオススメ

レンタカーは、あらかじめネットで予約しておくことができます。中でも、私が利用したのはRentalCars.comというサービスで、ニューカレドニアに限らず世界中のレンタカー会社と接続しているようで、国内のトヨタレンタカーやタイムズで車を借りるのと同じ感覚で車を予約することができて非常に使いやすかったです。料金も明瞭表示です。

https://www.rentalcars.com/

注意すべきポイント

・ニューカレドニアはマニュアル車が一般的です。ので、レンタカー会社でもマニュアル車が主流です。最近ではオートマ車もレンタルされているようですが、数は少ないため、マニュアル免許を持っていない方は、予約サイトでオートマ車かどうかを確認してください。(私は9月の渡航1週間前に予約したのですが、マニュアル車しか残っていなかったです)

・借りる場所ですが、ヌメアの空港か、あるいはヌメア市内だとマジェンタ空港にレンタカー会社が集中しているので、どちらかになると思います。自分たちは、レンタカー周遊後に、マジェンタ空港経由でイルデパン島に行くプランだったので、マジェンタ空港で借りました。(ですし、深夜便でヌメアに到着した場合はレンタカー会社が閉まっているため、翌日マジェンタ空港で借りる以外に方法はない気がします!)

実際の現地でのレンタル手順はこちらにまとめています。

借りる

返却

Tips4:運転は日が暮れる前に切り上げるべし

ニューカレドニアの道路

ニューカレドニア本島の道路は一本道で走りやすいのですが、車間が狭く(制限速度110kmまでの高速道路なのに中央分離帯がない・・!)、しかも町中を除いては街路灯がないため、日が暮れると真っ暗で運転が恐怖です・・

さらに・・!ニューカレドニアでは少量の飲酒運転であれば合法なので、夜ともなればみんな食事でお酒を口にした後に運転している可能性が高く、危険です。

夜の運転は是非とも避け、日中に余裕を持って運転を終われるプランを立ててください。

体験談

・私たちは、旅行2日目に相当無茶なプランを立て、ヌメア→リビエルブルー国立公園→ブーライユの300km近い距離を1日で走ることになりました笑

ブーライユに向かっている途中で日が暮れ、あたりは真っ暗に。中央分離帯のない狭い道路を、はみ出さないように走り続けるのですが、対向車とすれ違うたびに眩しいライトで目がくらみ、車がいなくなるとハイビームでないと道路の境界が分からないほど真っ暗で、集中力をすり減らしまくったドライブになりました笑

当日の記事はこちら:

Tips5:スーパー活用で旅費をリーズナブルに

Casinoスーパー

ニューカレドニアは、フランス領だけあって物価は高めです。(日本と同じか、少し高い?)
しかも、日本のようにリーズナブルに食事ができるファストフードやレストランは少ないため、一回の食事で2~3000円は軽く超えていきます。これが長期滞在していると旅の予算を圧迫していきます。アルコールもしかり。

ここでおすすめなのがスーパーの活用。Casinoスーパーやカルフールなどの大型のスーパーからコンビニサイズだけど品揃えは豊富な個人商店型のスーパーまで、ヌメア周辺でも探すとたくさんあるので、ぜひ足を運んで買い揃えておきたいところです。

ちなみにフランスパンは1本150円程度でお腹もたっぷり満たされるので必携です。 私たちは、

・お酒の買いだめ(レストランやホテルだと一杯800円ほどしますが、スーパーだと200円ほどです)
・朝食用にフランスパン+チーズ+ハム(サンドイッチ)
・小腹が空いた時のオリーブ、ピクルス、生ハム
・夕食のカップヌードル

Casinoスーパーでの戦利品

で食費を浮かせていました笑

もちろん、新婚旅行でずっとスーパーというのは味気がないので、気合いを入れる日とリーズナブルに過ごす日のメリハリをつけたいですね!

*ちなみに、CASINOスーパーでもっとも安いこのYomeeラーメン(50円くらい)は、要注意です笑 蓋を開けると麺だけでした笑 “風”がすごい笑

Yomeeラーメン
Yomeeラーメン

Tips6:SPGアメックスでホテル体験を大幅アップグレード

Marriot Bonvoy

もうですね、個人的にはこれに尽きましたよ・・・。

新婚旅行などで訪れる方は特に、ホテルでの滞在体験は非常に旅の思い出を左右するものになると思います。

その意味では、SPGアメックスカードホルダーにとって、ニューカレドニアは天国かもしれません。

ニューカレドニアには、高級ホテルクラスとしてはル・メリディアンホテル、シェラトンがあります。(フランスなので、フランス系列のル・メリディアンが各地にあるのは納得です)

これらのホテル、実は全てマリオット系列ホテルになりますので、SPGアメックスカードを作ってGold Elite会員になっておくと、部屋の無料アップグレードや、付与ポイント大幅増加など、ホテル体験が何倍にもお得に快適になります!

体験談

・私たちは今回、ブーライユではシェラトンに、ヌメアとイルデパンではル・メリディアンホテルに滞在しました。シェラトンは貯めていたSPGポイントでほとんどタダに、ル・メリディアンはどちらも客室を2〜3段階アップグレードしていただき、特にヌメアではスイートルームに宿泊させてもらいました!

当日の記事はこちらから:

ブーライユ:シェラトンホテル

イルデパン島:ル・メリディアン

ヌメア:ル・メリディアン

SPGアメックスカードってなんや?!という方、こちらにカードの特徴をまとめています。

また、SPGアメックスカードへの加入を検討されておられる場合は、紹介で入ることでさらにお得になります。紹介コードも載せておりますので、もし旅行が近く、すぐに知人のツテがみつからなければ下記のコードを入れていただければと思います^^

SPGアメックスに紹介で加入する

知人のツテがないけれど、紹介特典が欲しい!という方は、私の紹介コードを使っていただければと思います!

紹介特典 (2020/02時点):
加入後3ヶ月以内に10万円利用の場合、加入者に39000ポイントプレゼント!

*39000SPGポイント=13000マイル(JAL/ANA)なので、かなりお得な特典のようです。

紹介コード(下記から加入申し込みいただくことで適用いただけます!):

http://amex.jp/share/bqgDA?CPID=999999546

Tips7:ウミヘビに注意

マダラウミヘビ

ニューカレドニアは、手付かずの大自然の風景を楽しめる反面で、野生動物も手付かずです。特に、このマダラウミヘビというウミヘビ(毒ヘビのようです)をよく見かけるため、注意しましょう。

彼らは、積極的に人を襲うようなことはしないようですが(現地の人談)、警戒心が強く、人間が近づいたりすると、防衛本能で襲われることもあるようです。

体験談

・私たちは、滞在したブーライユ、イルデパン島、メトル島でこのウミヘビを見かけました。特に朝方の海岸沿いは、潮が引いて眠っていたウミヘビが陸に取り残されているのをよく見かけましたので、注意してください。

・メトル島には水上コテージがありますが、ここでは各部屋に海にアクセスするはしご階段があり、これを下ろしっぱなしにしておくと夜の間にウミヘビが上がってきて、部屋に入ってくることもあるようです。はしごは上げておくことをオススメします。

ウミヘビを見かけた話はこちら:

番外編:ヌメアとブーライユ、どちらに滞在すべき?

ここからは、番外編ということで、自分も現地に行くまで不安だった、ちょっとかゆい所に手が届く(届いてると嬉しいです笑)ポイントについて書いていこうと思います!笑

1つ目は、滞在都市についてです。簡潔に答えますと、

自然のなかでゆったり過ごす旅が目的ならブーライユ一択

です!または、イルデパンに行く予定の方は、イルデパンの滞在時間を伸ばすと良いと思います。

行ってみた感想ではヌメアは、リゾート都市、というよりは海沿いにある都会的(?)な町、という感じです。最終日にショッピングをしたりするには良いですが、リゾートな旅行をイメージして来て滞在すると、少し物足りなく感じるように思います。

ヌメアの街並み

一方のブーライユ

ブーライユの丘
ブーライユの海岸

特に新婚旅行などで行かれる方は、思い切ってヌメアを出て過ごされることをオススメします!笑

番外編:滞在するならブーライユ?イルデパン?

自然を楽しみたいけど、ブーライユ?イルデパン?どちらに滞在すべき?という方もいらっしゃると思います。私もそうでした(そして両方行ってしまいました笑)

からこそ言えますが、

雄大な自然の中で静かに過ごしたい → ブーライユ

秘境のビーチリゾート感を満喫したい→ イルデパン

何が違うねん!と思われた方笑。

まず、イルデパンの方は、日本人にも広く知られているからか、日本人のカップルが非常に多いです。泊まったホテルでも半分くらいは日本人だったように思います。

海の景色は素晴らしく、絶海の孤島感も満載ですが、日本人が多く、少し落ち着かない感覚がありました笑

一方のブーライユは、アクセスも少し不便だからか、日本人もほとんどおらず、(というか観光客自体も少ない)手付かずの大自然をそれこそ独り占めにしたような空間でゆったりと過ごすことができました。

ビーチも、良い意味でリゾート感はなく、自然な海岸が続いています。

私個人的にはブーライユでの滞在の方が、リラックスすることができました!

もう一つ、イルデパンはホテルが少なく、値段も高いので、ちょっと財布の消耗スピードも早いです笑

番外編:イルデパン島のホテル比較(ウルクレvsルメリディアン)

これ、めっちゃ迷いますよね・・。(迷いました笑)

イルデパン島にはホテルが4つほどしかなく、とても少ないです。しかも価格も高めで、特にル・メリディアンは突出しているため、予算を考えてル・メリディアン以外で泊まることを考える方も多いと思います。

私たちも今回そう思い滞在2日間のうち、初日はウルクレに滞在しましたが、2日目にはル・メリディアンに宿泊してみました。

結論・・・・

ハネムーンで行くなら、ル・メリディアン一択だと思いました!(高いけど、特に新婚旅行なら気にせず行くべし!笑)

まずは写真で比べてみます。

ウルクレの滞在イメージ

こちらは、部屋はスタンダードな感じ。夏に離島のコテージに泊まりに来た!そんな感覚の滞在です。目の前のビーチは静かで綺麗です^^

ウルクレの部屋
ウルクレの前に広がるビーチ

ル・メリディアンの滞在イメージ

こちらは、とにかく敷地が広大。こんな橋を渡ってホテルの敷地へ。最初からテンションが上がります!海もこちらの方がより”透明ブルー”ですし、天然海水プールであるピッシン・ナチュレにも歩いてアクセスできます。部屋もリッチな感じです。

新婚旅行で行くなら、少し高い金額を出してでも絶対こちらかな、と思いました!(あくまで主観です!)

しかも、SPGアメックス特典のGold Eliteであれば、良い部屋を割り当ててもらえる可能性が高まりますので安心感も違います。(ウルクレに滞在した時は、海から一番遠い部屋になってしまいました・・)

ルメリディアンの入り口
橋を渡るとフロントまで森のなかを通り抜ける
リバーサイドコテージルーム
これ、部屋のバルコニーからの長めなんです!!!
ホテルのプライベートビーチ

両ホテルの滞在記はこちらから!

ウルクレ

ル・メリディアン

さいごに

いかがでしたでしょうか。これからニューカレドニアに行かれる方の旅行が100倍楽しく、快適になる手助けができましたら幸いです!(ご参考になりましたら、イイねをつけていただけると嬉しいです^^)

またもし、こういう情報もあると嬉しい、という内容があればコメントいただければ随時記事はアップデートさせていただきます^^

おしまい

+2

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

アバター
Yuu113
初めまして。Yuu113と申します。 兵庫県出身、東京でシステムエンジニアをしております。現在は主にデータ分析、機械学習を活用してビジネスモデリングに取り組んでいます。日々学んだことや経験したことを整理していきたいと思い、ブログを始めました。旅行、カメラ、IT技術、江戸文化が大好きですので、これらについても記事にしていきたいと思っています。